若はげ原因

スポンサードリンク


遺伝だけが薄毛の原因じゃない!

どうしてこの年齢で抜け毛が多くなって薄毛になってきてしまったんだ!?そんな悩みを抱えている20代、30代の人が急増中!中には10代で薄毛を気にする人も。脱毛症で悩んでいる人が多いのです。

 

抜け毛が増えて薄毛になるのには必ず原因があります。

 

脱毛症といっても種類は様々

  • 円形脱毛症
  • 瀰漫性(びまんせい)脱毛症
  • 脂漏性脱毛症
  • 男性型脱毛症(AGA)

等があります。

 

この中で若はげの原因で多いのがAGA(男性型脱毛症)なんです。テレビのCMで爆笑問題が出演しているものを見たことがあって言葉は知っている人は多いと思います。

 

秋は抜け毛の季節とか薄毛は病院で治療できますなんて言っていますよね。あのCMです。

 

思春期以降の男性に発生する最も多い脱毛の原因。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていき、薄毛が進行すると男性型脱毛症だと判断されます。原因は、「遺伝」と男性ホルモンの一種DHT(ジヒドロテストステロン)が関与していると考えられています。早期の頭皮ケアや治療で進行を食い止めることが可能な脱毛症です。

 

AGA(男性型脱毛症)は簡単に言ってしまうと、男性ホルモンが酵素の働きによって抜け毛を促進、髪の毛の成長を阻害する物質に変化することで起こる病気です。

 

ヘアサイクルが乱れることで髪の毛が成長しきる前に成長がストップしてしまい抜けてしまうことになります。そして次に生えてくる髪の毛も更に細く弱くなってすぐに抜け毛しまうようになってしまうんです。

 

一度AGA(男性型脱毛症)になってしまったら何も対処をしないと症状は進行するのみです。そのままにしておくと症状は悪化の一途を辿り、改善することはありません。

 

その治療をするのが薄毛治療、若はげ治療の病院なんですね。病院に行く以外には自分で治療薬を使用して治すしかありません。

 

何もしないでいると抜け毛はどんどん増えて薄毛の症状が悪化してしまうといます。

 

早め早めの頭皮ケアが重要になります。